コーチング

どうを使う?HowとWhat

みなさんこんにちは!

香川県高松市たむらオンラインコーチングの田村です。

コーチングの質問技法の中で、How(どのように)とWhat(何)があります。

とても似たような形になるこの二つ。

例えば、

『どうすれば○○を達成できると思いますか?』(How)

『○○を達成するには何が必要だと思いますか?』(What)

みなさんは両者の違いをどのようにお感じになるでしょうか?

私が感じるのは、Whatの方が少し具体的な聞き方になるのではないかな、ということ。

また、Howは状態や方法が答えとして返ってきそうで、

Whatは事がらや物が答えとして返ってきそうです。

明確な使い分けの定義はないのかもしれませんが、

上手くクライアントさんにハマる方を選択できると、

ぐっと視界が開けるかもしれませんね。

もちろんHow→Whatの2段構えも良いかもしれません。

コーチ『どうすればいいと思いますか?』

クライアント『○○すればいいと思います。』

コーチ『○○するには何が必要だと思いますか?』

クライアント『△△が必要だと思います。』

逆もあるかもしれません、What→How

コーチ『○○するには何が必要だと思いますか?』

クライアント『△△が必要だと思います。』

コーチ『△△を手に入れるにはどうすればいいでしょう?』

クライアント『××すればいいと思います。』

色んなパターンをあらかじめシミュレーションしておくと、

無意識に適切な質問を取り出せるかもしれませんね!

学んで、受けて、実践する。

コーチングを深める基本ですね!

2020年2月からのセッション実績 41(1)回 980(40)分

↓無料体験セッション受付中!↓

香川県高松市たむらオンラインコーチングHP

↓オンラインでボイトレもやってます!↓

香川県高松オンラインボイストレーニングHP