メルマガ

分析思考1位の怒り分析法

「最近なんか怒りっぽいんだよな~」

そんなふうに感じていませんか?

梅雨入りしてジメジメ、不快指数はうなぎのぼり

GWも終わり、いわゆる5月病のような無気力感

ついつい、気が短くなってしまいがちな季節です

今回ご紹介するのはアンガーログ

「アンガーログか~」

「そうだよね~、怒っちゃだめだよね~」

いえいえ、そうではないんです

怒りはとても大切な感情

ときには本当に必要な怒りもあります

感情を否定するのはよくないし、ものすごいエネルギーを使います

実は、怒りの中には自己理解のヒントがたくさん詰まっているのです

私は、アンガーログがおもしろすぎて、「怒ること自体が楽しみ」になりました

さあ、怒りを客観的に分析し、自分のことをもっと知っていきましょう!

怒りを感じたらまずすること

怒りを感じたら、まず6秒待ちましょう(と言われています)

と言ってもなかなか難しいですよね!(なんせ怒ってますから笑)

なので、まずアンガーログのことを思い出してください

(なんかイライラしてきた、ムカつくな~、絶対アンガーログに書いてやろう!!)

もう、「先生にチクってやろう」くらいの気持ちで思い出しましょう♪

アンガーログのことを思い出したら、今感じている怒りを10段階で評価します

1~3:一瞬で忘れる程度の怒り
4~6:時間がたっても引きずる怒り
7~9:我を忘れるくらいの怒り
10:ローマ教皇憤死レベル

怒りのレベルが高いほど、自分にとって重大な何かが脅かされた可能性が高いです

つまり、分析する価値も高いということですね♪

事実を書きだす

さあ、それでは分析作業に入っていきましょう!

まず、事実と感情を切り離す必要があります

起きたこと(事実)を書き出してみましょう

×「駅のホームでちょっと肩がぶつかっただけなのに、怒られた」

○「駅のホームで肩がぶつかって、怒られた」

「ちょっと」とか「だけなのに」というところに主観が入ってますね!

怒りの裏にあるものは?

次に、怒りの裏に隠れている価値観を分析します

私の場合は以下の4つに分類しています

常識:一般的にそうであると思っていること
苦労:頑張ってきた自分を肯定したい
得意:自分が当たり前にできること
期待:自分は丁重に扱われるはず

分類したら、具体的にどういう価値観か書きましょう

なんと、怒りから自分の苦手(=苦労)や得意が分かるんです!

おもしろいですよね~!

さあ、ここまで来たらもう、さっきの怒りはどこへやら(笑)

知的好奇心の方が勝っているはず!

マトリクスで次への対策

頭がポジティブになったところで、次回への対策を考えておきましょう

まずやるのは、「重要か-変えられるか」のマトリクス

今回のできごとは、自分にとって重要か

状況を変えることはできるか

それを踏まえて、次同じことが起きたらどうするか

また、同じことが起きないようにするにはどうするか

対策を考えておきましょう

意外と多いのが、「重要でないし、変えられない」というオチ

つまらないことで怒ってた自分にウケますね(笑)

いかがでしたでしょうか

この記事を読んだだけだと「ふ~ん」と思うだけかもしれません

ぜひ一度だまされたと思ってやってみてください

アンガーログのとりこになること間違いなし!

行動こそが、世界を変えるカギです(活発性)

ではまた!

参考動画:中田敦彦のYoutube大学「アンガーマネジメント」

無料メールマガジン『たむさんち』ご登録はこちらから

error: Content is protected !!