家計改善

まずは固定費から家計の現状を把握!

前回ご紹介した本

ゼロからわかるお金のきほん カワグチマサミ著 高橋書店

さっそく目を通してみました

ふむふむ、まずはライフプランを作るのね

なにごともゴールからの逆算

コーチングも同じだよね

でも、ライフイベントって何があるの?

夢の実現には実際いくら必要?

・・・・めんどくさっ

というわけでライフプラン作りはあっさりスルー(おい!)

その章の最後のFPさんと主人公の会話(マンガなので)

FP「ライフプランができたら家計の現状を把握してね!」

FP「毎月の食費や貯蓄額わかってる?」

主人公「ウヘーイ☆」(汗)

そして私も「ウヘーイ☆」(ぜひ読んでみて!笑)

やっぱ現状の把握か、大事だよね・・・

これも、コーチングと同じ・・・

でも、円単位まできっちり出す性格じゃないし、

ざくーっと概算が分かればいいや!

まずは、何と言っても固定費からだな(食費を直視したくない私)

クレジットカードと銀行の明細をダウンロード

インターネットバンキングに申し込んどいてよかった!!

思い立った時にすぐやらないとね!

家賃、電気、ガス、水道

スマホ、Wi-Fi

保険

そうだ、税金もある

住民税、年金、国保料

国保料めっちゃ上がってる!!(持続化給付金恐るべし・・・)

ん?クレジットカード、年会費とられとるやないかい!

そして、アマゾンからなぞの440円の請求

なんやこれ!?

あ、あと車検代も入れとこ!

やり始めたらけっこう順調

水道代は隔月

保険関係は年払い

車検は隔年

これらをすべて月割りに直して合計すると・・・

(固定費の時点で赤字になってたらどうしよ・・・)

「セーフ!!」

この段階での赤字確定はなんとかしのぎました!!

最悪の事態は回避(ホッ)

ちなみになぞのアマゾン440円は、

アニメチャンネルの料金だと判明し、速攻解約

さて、次は流動費だ・・・

と、その前に、本に載ってた理想の家計バランスと比較してみる

ファミリー世帯として、収入に対する%は

住居費:25~30
通信・水道光熱水費:7~10
保険料:5~7
教育費:10
食費:10~15
交際費・レジャー費:5~7
被覆・美容費:5~7
雑費:3~5
貯蓄:15~20

これが理想のバランスだそうです

我が家では、住居費はOK

通信・光熱水費と保険料がオーバーしていました

この辺が削減のポイントなんだな

あとできっちり締め上げてやるからな!

首を洗って待っとけよ!

と、まだまだ食費から目を背け続けるのでした・・・

error: Content is protected !!