ブログ

子どもの教育にまつわる権利と義務の話

中田敦彦さんのYoutube大学が好きでよく見ている

最新の動画は「偉人達がかけられた言葉」についてだった

その中で、子どもが「学校に行きたくない」と言い出した時、

親は「いいから行きなさい!」と言ってしまいがち、と語られていた

そこで思いだしたことがあった

先日、「幸せは権利か」という話を書いた

その際、日本国民の権利と義務についてネット検索してみた

そこで見つけたのが、

『教育を受ける権利』

『親が子に教育を受けさせる義務』

というもの

ん?これってなんか矛盾してない??

教育を受けるのは「権利」だから、

「行使しない」という選択もあるはず

(選挙権があっても選挙に行かない人もいるしなあ・・・)

それに対して、親は受けさせる「義務」となっている

ということは、「受けさせなければならない」ってこと?

(誰かに「選挙させる義務」があったらどうなる??)

一般的に、親子関係におけるパワーバランスは圧倒的に親側が強いだろう

「いいから学校に行きなさい!」という発言は、

親が教育を受けさせる「義務感」に駆られて発しているのだろうか?

そんな素朴な疑問を、妻(一応法学部卒)にぶつけてみた

妻「いい質問ですね~、分からんから調べます(笑)」

というわけで、某大手質問掲示板で調べてくれた

調べてみると、掲示板内でも同様の質問があった

回答を見ると、どうも歴史的背景が関係しているようだった

昔は、勉強よりも家の仕事が優先されたため、

子どもを学校に行かせない親がいた

だから、勉強したい子どもを親が邪魔してはいけない

これが、親に対して「教育を受けさせる義務」を課している理由のようだ

なるほど、なるほど!

一方、教育を受ける権利というのは、

子どもに限らず国民全体に保障されている

それは、機会均等ということらしい

教育を受けられる「チャンス」が平等にあるということだ

これは、「親が」というより、

「国が」保証しているということだろう

もし、独裁国家なら国民には無知でいてほしいだろう

その方がコントロールしやすい

昔は、親も子どもに勉強するよりも働いてほしかった

少し話はずれるが、これは選挙も同じだろう

投票率が低いほど、体制は維持しやすい

また、僅差で独裁主義者が当選しやすくもなる

権利を行使しないことは権力者にとって有益な側面がある

今は、国も民主国家を維持・発展させるために、

教育が大切だと認識している

また、親も子どもの将来のために、

学校でしっかり学んでほしいと思っている

つまり、

子⇔親(権利と義務の衝突)ではなく、

国⇒親⇒子(みんなで子の教育機会を保護)

という構図だった

知っている人にとっては当たり前のことだが、

素朴な疑問を調べてみることでスッキリしたし、

改めて、権利を行使しないことの危険性も認識できた

さて、冒頭の「いいから学校に行きなさい!」という発言

次からは違う言葉にしようと思っただろうか?

それとも、前にもまして自信をもって言うだろうか?(笑)

何が正解か、オチはつかないのだが、

一番の当事者である子どもの意見も、

ぜひ聞いてみたいものである

にほんブログ村 その他生活ブログ フリーランス (その他ビジネス)へ
にほんブログ村

error: Content is protected !!