家計改善

【家計改善】臨時費を算出してみた

今月もこの日がやってきた

FPよーこさんの家計改善セッション

今回のセッションまでに出ていた課題

それは、「臨時費」の算出

臨時費とは、毎月ではない費用のこと

例えば、生命保険料やNHKの受信料、

車検や人間ドックの費用などだ

急に高額の出費に見舞われて

焦ったことがあるのではないだろうか

このような費用をあらかじめ把握し、

月割りして積み立てておくことで、

いざ請求時にも焦らなくて安心というわけだ

まずはクレジットカードや銀行の取引明細を元に

各支出を洗い出す

現金で支払っているものは、記憶を頼りに思い出す

その他、こんなことがしたい!という希望も入れてOK

やってみて意外と盲点だった、交際費だ

身内や友人の誕生日プレゼント、

母の日、父の日のギフト、

甥っ子、姪っ子へのお年玉など、

書き出すと意外とあるものだ

普段、「あ!おかんの誕生日や!」とにわかに思い出し、

急ごしらえでプレゼントを買い、渡す

そんなことを繰り返しながら、

家計はじわじわ削られていたのだな・・・

これらにとりあえず5000円と金額を当ててみる

たったこれだけのことでも、

「なるほど、自分はこういう規模感を持っているんだな」

という発見がある

もし、プレゼントが3000円で済めば「浮いた」ことになる

ちょっとうれしいではないか(笑)

他にも、家族旅行だったり、習い事だったり、

願望も遠慮なく書き出してみる

妻と一緒に作業をしたのだが、

妻はやたらと旅行に行きたがる

自己投資も惜しまない

なのに私の誕生日の予算は削ろうとしてくる!(笑)

そんな田村家の願望を目一杯詰め込んだ臨時費は

なんと、150万を超えた(笑)

すると、ここでよーこさんがひと言

「次はミニマムを出してみましょう」

つまり、最低限生きていくのに必要な臨時費に

削り込んでいってみようというわけだ

言い換えると、私の「逆襲タイム」の始まりだ

真っ先に妻の習い事を全カットする(笑)

交際費もほぼ全カット!(「最低限」のとらえ方がシビア!)

息子がらみの出費は妻が絶対妥協しない(私も大事にしたい!)

これは残しておこう

後は刈り込みに刈り込む!

思わず、よーこさんも

「は、はやいですね、もうちょっと悩むかと・・・」

そして出た臨時費は60万程度

つまり、毎月5万を積み立てておけば、

最低限の色んな臨時支出に対応できるというわけだ

加えて、以前のブログで書いた「基礎費」と「ゆとり費」でいうと、

60万が基礎費、90万がゆとり費ということになる

ゆとり費が基礎費の1.5倍

なんとも考えさせられるデータだ(笑)

次回の課題はいよいよ固定費と

「恐怖の」変動費(食費など)を集計すること

よーこさんの目の色が変わらないように、

次回も頑張ります!(笑)

にほんブログ村 その他生活ブログ フリーランス (その他ビジネス)へ
にほんブログ村

error: Content is protected !!