ブログ

思考の楽園、哲学対話

元来、多人数の輪に入るのは苦手で

断然、1対1の方が好きだ

人間とは不思議なもので、

一人ひとりと仲が良くても、

3人以上集まると、

単なる個性の足し算だけではない

独特の「雰囲気」が生まれることがある

最近流行りの「心理的安全性」に関する文献でも

それは指摘されている

打ち破るべきは、

その会社のフィロソフィーや風土

「我が社の社員たるもの、こうあるべし」という概念が、

排他的な雰囲気を作り、

自由で多様性に富んだ発言を阻害するのだとか

私の場合は、1対1が得意ゆえに、

多人数に囲まれると、

それぞれと1対1モードでやりとりしようとしてしまう

その結果、とても疲れる(笑)

例えば、誰かが発言する

それについて、自分の答えを考える

そうすると、違う人が先に自分の意見を言う

その意見に対し、また自分の中で考える

するとまた他の人が・・・といった具合だ

日常会話や雑談でいちいち深く考えていたら、

それはそれは疲れ果てる

つまり、平たく言うと、

「ノリが悪い」方だと言える

その点、最近始めた哲学対話は、

むしろそういう場だから楽だ

誰かの発言に対し、あれこれ考える

するとほかの誰かが発言し、

またそれに対しあれこれ考える

この繰り返し

つい考えてしまう自分を許せる場

それが私にとっての哲学対話の場所だ

にほんブログ村 その他生活ブログ フリーランス (その他ビジネス)へ
にほんブログ村

人生をあきらめない人のための

コーチングセッション『ストラグル』

error: Content is protected !!