ブログ

相手は自分の写し鏡とは限らない

「相手は自分の写し鏡」

どこかで聞いたことがあるかもしれない

相手を評価する際、人は自分の「価値観」に照らし合わす

他人を写し鏡として利用する目的は、

その見え方を通して、

自分がどんな価値観のフィルターを持っているのかを

理解することにあるのだと思う

この、写し鏡の法則

こんな風に理解していたことはないだろうか

相手の「ここが嫌いだ」と思う特徴が

自分にもあるのではないか?

だってほら、

「相手は自分の写し鏡」っていうじゃない

このように理解してしまうと、

ありもしない幻想を

ムダに追い掛け回す結果になりかねない

例えば、ある人に対して

「この人、いつもネガティブで嫌だな~」と感じるとする

「ってことは、私っていつもネガティブなのかな?(全然ピンとこないけど)」

「だって相手は自分の写し鏡っていうよね・・・」

このような具合だ

いや、それは違うんじゃないかな・・・(私の心の声)

恐らく、正しくは、

相手のことを「ネガティブで嫌だなあ」と感じたときに、

「私はこれくらいの発言を『ネガティブ』ととらえるような価値観(感性のフィルター)を持っているのだな」

ということだと思う

つまり、相手の「見え方」から、

自分の「見方」を推し量るのである

決して、相手の見え方に、

そっくりそのまま自分を投影してはならないと思う

ありもしない自分の特徴に思い悩むのは苦しい

ひとまず、自分がそう思わないのであれば、

それでいいのではないかと思う

にほんブログ村 その他生活ブログ フリーランス (その他ビジネス)へ
にほんブログ村

人生をあきらめない人のための

コーチングセッション『ストラグル』

error: Content is protected !!