コーチングのセットアップ(事前説明)とセッションの流れ(一例)

みなさん、こんにちは。
たむらオンラインコーチングの田村です。
この度はコーチングセッションのお申込み、ありがとうございます。

初めてセッションを受けられる方に、セットアップ(事前説明)をさせていただいております。
以下の記事にあらかじめ目を通していただくと、当日の進行がスムーズになると思いますので、よろしくお願いいたします。

まずはじめに・・・

まず初めに一番大切なことを申し上げます。
それは・・・

①すべてあなたに選択権がある!
②リラックスして受けてほしい!

この2点です!
答えは必ずあなたの中にあると信じています!
それを引き出し、行動につなげていくお手伝いをさせていただくのがコーチの役割です。
どうぞ、あなたにとって有意義なお時間をお過ごしください。

セットアップ(読み合わせ事項)

①コーチングの⽬的

コーチングでは、クライアントさん(あなたのことです)がコーチ(田村)に自由に話すことで、クライアントさん自身が持っているものに気づき、自発的な行動を促進させることを目的としています。
そのため、原則としてコーチはアドバイスをしません。(気づきを促す関わりとして「提案」という形でアドバイスのような発言をする場合があります。)

②守秘義務

コーチには守秘義務があります。コーチングの中で話したことは一切口外されませんので、安心してお話しください。

一方クライアントさんには守秘義務はありません。
コーチングの中で話したことや気づいたことについて、日記やブログ等に掲載していただいてもかまいません。

なお、より多くの方と共有したほうがいいような素晴らしい気づきなどは、必ず事前に了承を得た上で、個人が特定されないように話題を一般化し、HPやSNS等で紹介させていただくことがあります。

③クライアントの自由

コーチングの時間はクライアントさんのための時間ですので、クライアントさんはどんなことを話してもかまいません。
ネガティブなこと(愚痴、不満、不安等)を言っても大丈夫ですし、言いたくないことを無理に言わなくてもかまいません。

④質問・提案

コーチはクライアントさんに考えることを促すために、また具体的な行動を促すために質問や提案をすることがあります。
しかし、コーチの質問や提案に必ず答える義務はありませんし、「わからない」「できない」と答えてもかまいません

⑤沈黙

コーチングではクライアントさんが考えるための「沈黙」の時間をとても大切にしています。
クライアントさんが沈黙した際、原則コーチはクライアントさんが再び話し始めるまで待ちますので、考えがまとまるまでゆっくりとお考え下さい。
また、質問の意味が分からない、答えたくないなどの場合は、遠慮なくその旨コーチにお伝えいただけるとありがたいです。

⑥セッションの終了

クライアントさんはいつでもコーチングを中断、中止することができます。
また、コーチングが機能していないと感じた場合、コーチから中止を申し出ることもあります。
なお、コーチ、クライアントの関係が解消しても、その後の関係性には影響いたしませんので、ご安心くださいませ。

⑦その他

休憩、水分補給、トイレ等も遠慮なくお伝えください。
その他、疑問、確認、要望があれば、何でも言ってください。

コーチングセッションの流れ (一例)

こちらに掲載しているのは、コーチングセッションの基本的な流れです。

コーチングセッションはあくまでクライアントさんのための時間なので、話したいことを話したい順番で自由に話していただいてかまいません。

①テーマの設定

今日話していただく大まかなテーマを教えていただきます。
例)将来について、キャリアについて、夫婦(親子)関係についてなど

特にテーマを設定せず、フリートークにすることもできます。

②ゴールの設定

大きなテーマの場合、一度のセッションでは解決できない場合があるで、今回のセッションのゴールを設定します。
ゴールとは、今回のセッションが終了したときに「こういうことが分かっていたらいいな」、「こういう状態になっていたらいいな」というものです。
また、ゴールはあくまで話始める際の方向づけなので、話の流れによっては最終的に異なるところに着地する場合もあります。

※テーマ・ゴールにつきましては、セッション開始前にあらかじめ考えておいていただけると、セッションの時間をより有意義に使えると思います。

③現状の確認

ゴールに対しての現状をお話しいただきます。
現状を確認することでゴールとの間のギャップ(問題)が明らかになります。

④ギャップを埋めるために

ギャップを埋める解決策を見つけるために、コーチと色んな話をします。
ここがコーチングセッションのメインとなる部分です。

⑤気づきの確認

コーチと話したり、じっくり考えたりすることで気づいたこと振り返ります。
あえて言語化することで、さらに気づきを明確にすることができます。

⑥行動の確認

このあとどんな行動を起こすことができるか、確認します。
ほんの小さな行動でもかまいません。
何かしらの行動につなげるというのもコーチングの特徴のひとつです。

⑦期限の設定 (任意)

必要に応じて行動に期限を設けます。
期限の設定はあくまでクライアントさん自身が行動しやすくするためのもので、期限を設定しなくても大丈夫です。

⑧フォローの設定 (任意)

行動に対して、どうだったかコーチから確認の連絡を入れたり、結果をコーチに報告をすることもできます。
こちらも、クライアントさんが行動しやすくするためのもので、設定しなくても大丈夫です。